人格者などにはなり得ていない私如きの人間が、いつまでも他人(ひと)の人生に口出しすることは無用である