その場合、悪意のある虚偽情報を拡散したとされ、信用毀損や損害賠償で保険会社が対応を検討するという事態を招く可能性もあります」そこで細川弁護士がおすすめするのは、消費生活センターへの相談だ